おばちゃんと二人三脚

おばちゃんと二人三脚

おばちゃんとさくらが一緒に遊んだり運動したり勉強したりしてきた記録です~アルツハイマーの新しい治療法「リコード法」を始めました~

落書き

リコード法を始めてからようやく4か月。いろいろな問題をかかえながらもなんとか家での生活をもちこたえています。
じつは2週間ほど前からサプリをアルファGPCからシチコリンに変えてみたんだけど、どういうわけかそれから足取りがすこし軽いんです。
たまたまかもしれませんが、すこしの改善がさくらの心を慰めてくれます。いままでずっと得意の計算がついにできなくなっていくのが悲しかったから。
ときどきね、さくらが傷つくのがつらいから、悪いと思ってるんだけど、おばちゃんに無理強いしてしまいます。さくらの名前がなかなか書けなかったときも、見本を見せたり、二人馬織みたいに後ろから鉛筆もっていっしょにかいたり、なんとかさくらの名前を書いてもらおうと悪戦苦闘。
でも、どちらかというと、おばちゃんのためというより、さくらがつらすぎるから、そこから目をそらせたくて、「どうか今日だけは名前を書いてほしい」って、そんな気持ちがさくらをそうさせるみたい。
おばちゃんにはひとつの傾向があるみたい。目から入る情報でなにかをしようとすると間違うことが多いです。たぶん、おばちゃんの頭の中の働きの悪くなったシステムが働くのかな。もしかしたら別の回路をつかえたとさっきできなかったことがなぜかできたりしているのかもしれません。
とっても不思議な頭の世界・・・
おばちゃんのそばの小さな机の上にさくらが買ってあげたメモ帳があるんだけど、なぜか「鯵(あじ)」という漢字がふり仮名つきで書かれています。
もちろん書いた理由はだれにもわかりません。おばちゃん自身もわからない。
帰り際いつも、さくらが次いつ来るか予定を書いたメモを机の上に貼っておくんだけど、そこにもおばちゃん、花の絵を書いたり、なぜか字をなぞってみたり、けっこう落書きが好きみたい。
でも、さくら、ときどきいつも捨ててるそのメモに落書きがそえられているとそっと持って帰っているんです。なぜか捨てれなくて。
でも最近書いてくれないのでそれがちょっとやっぱりさみしいのです。

暗算

おばちゃんの家に行くのは10日ぶり。夜の失禁でシーツをぬらすことでおじちゃんが不平を言うことが多く、ずっと気になっていたので、横漏れに強いタイプのパンツ型オムツを買ってもっていきました。おじちゃんに最近の夜の様子をきくと、ケアマネが10回分を吸収できるパットを持ってきてくれたらしく、それが功を奏したのかシーツをぬらすことがだいぶんとましになったそうな。さすがに10回吸収できるパットはかなりごつかった。ただそれでも寝間着はぬらしてしまうのでまだ横漏れがあるんだろうな。一応の解決?はついたみたいなのでひとまず様子見です。
今日はおばちゃんと暗算をしたんだけど、繰りあがり・繰りさがりがある問題になると間違いを連発。言葉が出にくいとなんでも「トレーナー」という「トレーナー」病が今日はおさまっていると思ったら、今度は得意の計算力が低下・・・
(さくら)「93引く7は?」

(おばちゃん)「87?違う違う。」

       「88?」

       「えっ?89?」

       「84?」

       「82?」

うまく正解をよけていきます。指でなんども宙にむかって見えない数字を書きながら、なんとか答えを導こうとがんばってるんだけどことごとく不正解。「わたしだめね」って、おばちゃん。ちょっとかわいそうになっちゃいました。
さくら、おばちゃんの膝の上をなぞる指を押さえて「頭だけでやろう」っていうと、不思議なことに最後の最後に正解をだしてくれました。

そんなわけで最後は笑顔で終われました。

 

データー集め

認知症の遺伝子検査のキットが送られてきました。本当は医者に検査してもらった方がいいらしいんだけど、説明とか面倒だし連れ出すのも一苦労。
どの程度役に立つか分からないけど、簡単にできるのは気に入ったので試してみます。
あとはケトンをはかるための機器を注文中。リコード法ではマイルドケトーシスがいいんだって。あんまりよくわかってないけどそれを図れるらしい。
リコード法ではデーターが大切。だからデーター集めもやらないといけないんだけどそれがなかなかね。
さっき、アボガドを味噌汁にいれると里芋みたいでおいしいという記事をネットで発見。これはやってみないと。

 

お盆だけに・・・

盆休み。さくらもおばちゃんに会うのをちょっとあけることにしました。お盆なので息子さん家族がくるだろうからじゃましたくなかったし。
さくらも、あいだを空けることで見えるものもあると思ったから。
息子さんが家にも訪ねてきたらしく、「調子がいいみたい。サプリメントを飲んでるからだと思う」っていってくれたみたい。
さくら、ちょっとひねくれているから、おばちゃんがよくなってると思っていないし、それがサプリのおかげだともまだ信じていないんだけど、それでもサプリ摂取に反対ではなさそうなので、それはちょっとうれしかった。
そういえばこの前おばちゃんのところにいったとき、おばちゃんが突然、「おばあさんがこっち見てる」っていいだしたから。お盆だけに・・・いやいや、お盆にちょっとそんな怖いこといわないでって。
おばちゃん、押し入れのほうを見てたから、たぶん、そこにあった白いビニール袋が白髪のおばあさんに見えたのかなあ。そうでないと怖すぎるんだけど。

ベターを目指して

いったいどれくらいのひとが日本でリコード法をしているのかな。リコード法サプリメントの摂取や適切な食事、運動、良質な睡眠や脳トレなどさまざまな方法でアルツハイマー病の克服を目指すものなんだけど。
「サプリ飲んでない・・・」といって悩んでいる人も多いのかなあ。さくらはおじちゃんまかせで手が出せないから、以前も「これ飲ませてね」ってサプリを渡して、1週間後まるごとそのまま返ってきた時があって、すごくつらかった。サプリはリコード法の一部だけど無視できない部分。飲んでくれてないってしったときの失望感とストレスでかなり自分を追い込んじゃった。
でも考えたんだ。ベストじゃなくベターを目指そうって。サプリも多くなれば1日60粒を超える。4回に分けても1回15粒。自分でも飲みたくないものを人にやらせるということ自体むちゃだと思った。それも人から押し付けられて。
もう割り切った。苦しいことは一度にしちゃおう。1日分を全部ミキサーにかけて1回で飲んでもらった。まずいよ。さくらも飲んだけど、なんか頭に血が上る感じもした。
でも吐くほどじゃない。おばちゃんは現に飲んでるし。効果が半減?飲まないよりましじゃない。そう思うようにした。
休肝日も決めないことにした。飲んだ日だけカレンダーに〇をつけて。1か月で20回ものんでたら、よくがんばったって思うようにした。
サプリを飲んでくれないことで悩むなんてばからしい気もしてきた。サプリが効かないことで悩みたい。

そう考えるようになってから大分と楽になりました。

 

アボガドのディップ

今日は、アボガドのディップを作ることに挑戦しました。アボガドはリコード法において良質の脂質として推奨されています。
ネットでレシピを確認してから、いざスーパーへ。アボガドもちゃんと売っていました。値札を見ると、1個約200円!ちょっとこんなに高いの?
とりあえず、アボガドと中にいれる玉ねぎ、レモンを買ってきました。
さっそく調理。でも、さくらはアボガド自体食べたことないので、まず味がよくわかりません。とりあえずイメージはポテトサラダでつくろうとしたんだけど・・・
なぜか硬い。「あれ、簡単につぶれるんじゃないの?これ、ぜんぜん、熟れていない・・・」
しかたないから電子レンジでチンしてから無理やりつぶしました。でも全然クリーミーにならないから、これだと野菜スティックを入れても絡まりそうにありません。
はやばやと失敗作を確信しながら玉ねぎとレモン、塩コショウで味付けしました。食パンにのせて食べたんだけど、レモン味のついた玉ねぎを食べてるみたい。
アボガドの味もわからずじまい。ニンニク入れたらもうちょっと変わったかな。気のせいかすこしお腹がもたれる・・・

たぶんおばちゃんなら、「まずい」って吐き出すはず。「病院食がまずい」ってさっさと退院したくらいだから。だからといって、薬だからと言って食べさせるのは、さすがにさくらのプライドが・・・
でもディップはリコード法にいろいろ応用が効きそうな気がしてきたぞ。ひまなとき少し頑張ってみます。

毛髪ミネラル検査

毛髪ミネラル検査の結果が返ってきました。早くてびっくり。1週間もかかっていないよね。
検査結果は・・・

有害金属は良好範囲で、ミネラルは要注意がちらほら。
正直な感想は、「で?これどうやってみたらいいの?」
要注意とか良好とかは書いてあるんだけど、これをどうしていかしたらいいのだろう?
おそらく要注意や基準以上になっているものはたぶんリコード法的にもダメなんだと思う。
基準以下もたぶん良くはないだろう。
リコード法の本に目標値とかいてあるんだけど、どうも単位が違うみたいでそのままあてはめられないみたい。
とりあえず、アルハカさんの掲示板に相談の書き込みをしました。
それにしても、ミネラル年齢75歳っていうのに笑っちゃった。意外と若いのね。