おばちゃんと二人三脚

おばちゃんと二人三脚

おばちゃんとさくらが一緒に遊んだり運動したり勉強したりしてきた記録です~アルツハイマーの新しい治療法「リコード法」を始めました~

計算をやってみた

リコード法でめざすのは、マイルドケトーシス。いわば、軽い「飢餓状態」。
ケトン値の理想は0.5~4mmo/Lであるが、ブレデセンの最近の研究では、1.5mmo/Lで改善例が続出しているらしい。
ちなみに、このケトン値の測定は、きちんとケトンメーターでおこなうべきである。リコード法のかなめであり、ここは妥協すべきでない。
おばちゃんのケトン値は、0.1mmo/Lとまだまだ低く、もっと上げていく必要がある。


ではどうやってあげたらいいのかというと、一つは糖質制限である。もっとも、ここで気を付けなければならないのは、ただ糖質を制限するだけでなく、その代わりに良質の脂質をとるということである。ここで、オリーブオイルであるとか、アボカドがでてくるのである。


ちょっとここで計算をやってみた。
まず、おばちゃんに必要な1日のカロリー摂取量は、1465Kcal。

(↓ここで計算)

基礎代謝量、1日の適正カロリーなどの計算【日本人向き計算式使用】 | 中性脂肪、コレステロールを下げる!


おばちゃんの朝ごはんはロールパン1個84Kcalとバナナ1本86Kcalで、計170Kcal。
お茶碗1杯(100ℊ)のご飯170Kcalを昼と夜の2回で計340Kcal。
炭水化物は1gあたり4Kcalなので、ごはんと朝食分の炭水化物は、(170+340)÷4=127.5ℊとなる。
夕食は宅配を利用していて、炭水化物25g としてみる。昼は義理叔父が用意するのでわからないが、とりあえずこれも25ℊ とする。両方で50ℊ 。
よって、現在のおばちゃんの1日の摂取している炭水化物は、全部で177.5ℊということになる。

糖質制限するには、炭水化物を100gとして計算するのだが、糖質制限の初心者は120~130gからはじめるといいらしい。
おばちゃんにはとりあえず130ℊをめざしてもらうとすると、マイナス47.5ℊということになる。
ということは、ごはん1杯炭水化物42ℊあるから、それぞれお茶碗半分にするとまずまず達成できることになるか。ただ、昼何を食べるかによるんだけど。ここは残念ながらブラックボックスです。

つぎに、脂質を計算してみる。タンパク質は体重55㎏の人は55gとして計算。

炭水化物は、糖質制限初心者を想定して、130gとすると・・・

タンパク質を55g、炭水化物を130ℊだから、脂質を除いた総エネルギー量は740Kcalになる。
(ここで計算↓)※脂質以外を入力

計算してみましょう - 献立づくりの基本 栄養素とエネルギーの基本|ホシザキ株式会社


最後に、1日の必要な摂取カロリーは1465Kcalからこれを引くと725Kcal。脂質は1gあたり9Kcaⅼなので、これを9でわると、1日に必要な脂質は約80.5ℊとなる。
ということは、おばちゃんのご飯を半分にしたら、かわりに脂質を80ℊとらないといけないことになる。
疲れた・・・これ計算苦手な人、たいへんだわ。あってるかな?

80gって。アボカド1個に脂質18.7gだから、約4.3個ぶんになりますね。

 

ちょっとふりかえってみると・・・

リコード法をはじめて、はや半年。今年も残り3か月。ちょっとふりかえってみると・・・

1月
さくらが帰るとき、おばちゃんが窓を開けて手を振ってくれる。
今年はいい年になりそうと予感する。

2月
たまたまジュンク堂でブレデセンの本の広告を見かける。
立ち読みして、MCTオイルって書いていたので、すぐに購入。
おばちゃんの能力急低下。

3月
自分でサプリを買っておばちゃんへ。
毎日行ってると、義理叔父に来るなといわれ大喧嘩。
アルハカサイト発見。アイハーブでサプリ購入。
おばちゃんにサプリを飲ませられず悪戦苦闘。
エルゴメーター購入。ほとんど使用せず、義理叔父に変なもの買うなといわれる。

4月
日本で最初のリコード法オフ会に参加。みんなから「さくら」と呼ばれ、ハンドルネームを「さくら」にしたことを後悔。
ジュースにすることでおばちゃんにサプリを飲ませることに成功。
さくら、ブログ開始。
おばちゃんの左足が急に腫れだし、さくら、とまどう。
おばちゃん、ものの名前をすべて「トレーナー」と言い出す。

失禁が続き、義理叔父のぐちをひたすら聞かされる。

5月
おばちゃん、変化なし。がまんのとき。

6月
義理叔父にサプリをまかせると、飲ませないことが発覚。

7月

サプリ摂取から3か月たつも、おばちゃん変わらず。
さくらの意欲低下。
今年は悪夢の年だと確信する。
サプリもだんだん減らす。

8月
毛髪ミネラル検査実施。
サプリを見直し、ふたたびしっかり摂取開始。
リコード法をしようと考えている医者に会いに行く。
認知症カフェに初参加。
ケトン測定器買うも、検査用紙を買うのを忘れる。

9月
APOE検査実施。E3/E3と判明。
おばちゃんの歯を義理叔父が磨かせてないことが発覚。
おばちゃんの下の歯が全滅。
おばちゃんの足の腫れが急に改善。
おばちゃん、急に謎の手拍子を始める。
食事の重要性を再確認。
ブロッコリーとアボカド、オリーブオイルの積極摂取を始める。

10月
葉酸代謝遺伝子検査にてMTHFRがC/T型と判明。
ブログをカテゴリー分けする。
入れ歯、ようやく完成。
「〇〇(息子のなまえ)ってだれ?」っておばちゃんに聞くと、「むかしのおとこ」って返答される。

リコード部管理人のブログをリンクする。


駆け足で走りぬけたこの半年。もう半年先なんて考えていない。せいぜい1か月。
ますます刹那に生きていきます。

お気楽な性格だから

今日もおばちゃんにアボカドヨーグルト。あまくなくていいわとしっかり食べてくれました。
目の開きはいまいちだけど、まあまあ元気そう。
椅子から立つのも割とスムーズ。
ときどき自分でトイレに行ったという話を義理叔父から聞いた時が、最近は一番うれしいかな。まあ、そのあとおもらしして大変だったっていう義理叔父の話を聞くはめになるんだけど。

今日のおばちゃんは、手拍子して、テレビの字幕を読み、数字をひたすら数えていました。

ごはんのとき、付け合わせのブロッコリーをおばちゃん、いつも残すんだって。
義理叔父が、付け合わせのブロッコリーをおばちゃんが食べないので、自分が食べたら意外ととおいしかったって。
お気楽な性格だから介護も続けられると思いましょう。愛情が深すぎると自分を追いつめることもよくあるから。

おばちゃんには、ブロッコリージュースもつくってあげました。
アボカドヨーグルトと、口直しにブロッコリージュース。

あっ、下の歯はまだ抜けたまんまだから。かたいものはまだダメなんです。

さくらがいつもテーブルに貼ってかえるメモをおばちゃん、最近よく読んでくれてるみたい。次いつ来るかしか書いてないけど、もっといろいろ書いてあげよかな。

「週末、台風来るかも」とか。不安にさせるのはよくないね。
「食欲の秋だね」って書くことにしよう。

心労

おばちゃんのところにいくと、おばちゃん、財布をいじっていた。
小銭入れのマグネットの留め具がひきちぎられていて、たぶん、むりやり開けようとしたみたい。
どこもでかけないのに、かばんを肩にかけていて。その姿を見ると、さくら、いつもすごく悲しくなるんだ。
おばちゃん、しまっとこうって。財布をかばんの中に入れさせて、かばんを肩から外してあげた。
今日はおばちゃんの目はしっかり開いていたんだけど、なんか活気がないんだよね。さびしいオーラ―がでていて。今年はおばちゃんの楽しそうな顔、あんまりみれてないなあ。
リコード仲間のアドバイスも受けて、今日は、アボカドのヨーグルトを作ってみたんだけど、ミキサーにアボカド入れたらドロドロしすぎてミキサー止まっちゃった。味付けは、レモンとオリーブオイル、ステビアにしたよ。
おばちゃん、おいしいとはいってくれなかったけど、たんたんと食べてた。
アボカド丸ごと1個つかったからそこそこの量になったので、もういいわって残そうとしたからなんとかせかしてなんとか全部食べてもらった。

さくらの問題は、おいしく作れないということ。料理学校通おうか。
なにわともあれ、おばちゃんの頭にエネルギーを注入するため、ブロッコリージュースからアボカドにちょっと変えてみて様子をみてみようと思います。

 

洗い物してると、義理叔父がよってきて、(サプリを溶かした)ジュース飲むのいやがるんだけど、なんでかなあ、って言ってきた。
なにいいたいんだって思いながら、大変だねって答えといた。義理叔父は、まわりくどくいってくるから、本音がいまいちわからない。サプリ飲ますのやめたいの?
こんなちいさな一言一言が、いまのさくらのこころに深く深くつきささってきます。


それにしても、義理叔父の言葉でこころが軽くなったことは一度もないわ。驚くほど。
元気のないおばちゃん、義理叔父の一言、さくらの心労。まだまだ続きそうです。 

これからもずっと信じてるね

おばちゃんが認知症になって、さくら、いままでの平凡な毎日がいかに大切かってわかったよ。


おばちゃんが病気になったことが、さくらに残された日々をもっと大切に生きようと教えてくれた。


しんどいときも多かったけど、いっしょに頑張ってきたね。


おばちゃんの認知症がよくなると信じ続けるのって結構大変だったよ。

 

いまでもこころが折れそうになる。

 

でも、おばちゃんの顔を見るとがんばれるみたい。


これからもずっと信じてるね。

ステレオタイプ

先日の世界アルツハイマーで―では各地で講演会やイベントがおこなわれた。一昔前までは考えられなかったことだが、認知症患者本人も積極的に公の場に参加する姿を見ると隔世の感がある。
その中に、この方もおそらく参加されていただろう。若年性アルツハイマーであることを公表している丹野智文氏である。以前、NHKのドキュメンタリーにとりあげられたり、本も出版されるなど、日本で一番有名な認知症患者の一人といえるかもしれない。

有名なだけあって、認知症の啓もう活動のイベントにもひっぱりだこの様子である。彼のさわやかな風貌と明るい笑顔のおかげで、認知症にまつわる暗いイメージもかなり軽減したのではないだろうか。認知症を患いながらも、工夫しながらあるいは周りの協力を得ながら、働き続けている彼の姿に多くの人が励まされたと思うし、自ら体を張って発信していく勇気は尊敬に値すると思う。

しかし、彼の発言には一抹の不安もぬぐいきれない。たとえば、今年3月に行われた「朝日新聞ReライフFESTIVAL」で彼は、「認知症は治りません。どんどん進行していくと思います。でも、そうなった時にもみなさんがよりよい社会を作ってくれると信じることが、私にとって希望となるんです。」と発言している。
また、彼の著書「丹野智文 笑顔で生きる -認知症とともに」の中で、認知症の進行を遅らせるため日記を付けるなど予防策をすることについて、そんなことをしてもよくならないから無駄だとも述べている。脳トレなど認知症の進行を遅らせる研究も多数ある中でこのような発言は少し無責任な気がする。

彼は、おれんじドアという会の代表も務めており、認知症患者の代表として、認知症患者が住みよい社会を提唱していく、いわばトップランナーのような立場にある。彼のような発信力のある人が、認知症は治らないからいまを楽しく生きればいいと発言することは、認知症がよくなることをあきらめるしかないという一種のプロパガンダになっているような気がする。認知症の本当の恐ろしさから目をそらし、社会が支えるから大丈夫という根拠のない無責任な安心感を与えているだけのようにも思えてしまう。そして、彼が認知症患者が住みやすくなる社会を作ることを訴える一方で、認知症の治療をあきらめる人を増やし、その改善の道を閉ざすための広告塔の役割を担わされていることはなんとも皮肉なことだと思う。

そんな彼も、「僕、認知症です~丹野智文43歳のノート」2018年1月9日に、病気の進行を自覚するような内容の文章を書かれている。病気の進行は緩やかみたいにみえるが、すでに発症から5年経過していることを考えると、今後さらにスピードを上げて病状が進行していかないか気がかりである。そんな状態にもかかわらず、ひたむきに社会活動に邁進する彼の姿をみると、家族を守りたいという彼の思いをよそに、特定の信条を掲げる団体によってかつぎ上げられているのではないかと心配になってくる。
しかし、「認知症とともに」を標榜するおれんじドアという団体の代表となっている彼に、認知症から回復する道、病気の進行をくい止める道に向き合うことは、認知症を患っている本人だからこそその葛藤はわれわれの想像以上だろう。彼はその立場ゆえに、彼自身の信じたものに囚われ続けなければならないと思うとやるせない気持ちになる。

多くのイベントに彼が呼ばれるたびに、彼の存在が、いわば若年性認知症患者のアイコン的立場になりつつある気がするのだが、ステレオタイプを打破するため活動してきた彼が、また新たなステレオタイプになっていくのではないかと思えてならない。

奇妙な手拍子

リコード法を始めて5か月を経過しました(サプリをぜんぶ摂取できた日<4月19日>から数えてます)。今年落ちた能力は取り返せてなかったり、急激に足腰が弱ってきたり、物の名前がぜんぶ「トレーナー」になったり、下の歯が全部抜かれたりと、在宅生活ぎりぎりのおばちゃんですが、なんとかしのいでがんばってます。
おばちゃんのような高齢者はリコード法の効果は半年を過ぎないとでてこないらしいんだけど、なんとかおばちゃんには今年いっぱいはこのままたえきってほしいと、さくらは切に願っております。
先週くらいから始めたブロッコリージュース。さくら、ブロッコリーいれすぎてドロドロになったり、味がなかったり失敗も多いけど、ドロドロでもおばちゃん飲んでくれるし、まずは週3~4回ほどからスタートしてみようと思います。


今日もブロッコリージュースを作るために、さくら、ミキサー回していて、おばちゃんをふとみると、スペインの踊り子よろしく、自分の顔の横で手拍子してるの。右手を高く上げて、右手のふっくらしたところに、左手で小刻みに指先をたたきつけてね。
それがだんだんエスカレート。このあと、膝からふくらはぎをトントンたたきながら。最後はほっぺたをたたきつづけてる。これが、妙にリズミカル。デイサービスで何かしてるの?
おばちゃん、なんで手を叩いてるのってきいても、ぜんぜん教えてくれないんだ。なにかしらとりつかれたように無表情に手拍子をうちつづけてる。
奇妙な手拍子を聞きながら、さくらはブロッコリーを入れたミキサーをガシガシまわすはめに。

認知症になって人格変わる人がいるからって、いきなり踊りだすテンション高めのひとになられると、それはさくらちょっと困るんだけどね。残念ながら、さくらは、手拍子を聞くと、陽気に踊りだすほどラテンじゃないのよ。
そういや、前におばちゃんの妹たちも、おばちゃんの家に遊びに行ったとき、おばちゃん、赤くなるまでほっぺた叩いてたって。でも、すごくリズミカルでうまいのって、びっくりしたっていってた。
これは、さくらもおばちゃんといっしょにやらなきゃだめかな。つぎは音楽を用意しとくね。